Handyman

東京・千葉・神奈川・埼玉でトップクラスの実績
住宅リフォームのスペシャリスト「ハンディマン」

受付時間:あさ9時~よる7時まで0120-00-3719

リフォームコラム

リフォームコラム

家庭でジェットバスに入るのはいくらかかるのか

家庭でジェットバスに入るのはいくらかかるのか

 

ジャグジーバスは、お風呂設備の憧れのひとつですね。
ジャグジーバスを利用することにより身体に刺激を与える血行がよくなるので、健康や美容にも効果があるといわれています。

ジェットバスの種類はお湯が吹き出る穴の位置や数によって異なってきます。
家庭用としてはユニットバスに付いているものが人気です。憧れのジャグジーバスリフォームはどのくらいの費用がかかるのか確認してみましょう。

 

ジェットバスを設置する方法

リフォームで設置する場合、ユニットバスのオプションを利用する事がほとんどかと思います。ユニットバスの標準仕様からジェット機能付きの浴槽を選ぶ事が出来、追加費用としては15万から30万円くらいが目安となります。通常ではユニットバス本体が50万から100万円くらいかかりますので、それに追加料金として加算されるイメージです。

ジェットバスを導入する場合は、旧ユニットバスから丸ごとの交換して新しいユニットバスを入れる形であれば工事費が20万から30万円くらいが平均になりますが、在来工法で造られている場合は、工事の内容によっては費用が加算されることも少なくありません。例えば埋込型の浴槽と置き型の浴槽では、取替工事だけでも工事の方法が違って、浴室をユニットバスに変えるとなると工事がさらに大掛かりになってしまいます。お見積もりは具体的にもらって、全ての工事が含まれているかどうか事前に確認してください。

 

各社のジェットバスを比較

TOTOは水廻りのプロフェッショナルですのでジェットバスにもこだわりをもっています。
ブローバスSX2はサザナ・シンラ・スーパーエクセレントバスのオプションで選ぶことが可能で、浴槽の4ヶ所から出るブロー水流が疲れた体を刺激してくれます。吸い込み口にはワンタッチ着脱式フィルター内蔵されていて、ゴミの目詰まりを防いでポンプ故障の原因を取り除いてくれます。運転は強と弱の2段階で、2穴と4穴の2タイプです。さらにエアブロー2は、スーパーエクセレントバスで人気があるオプションです。全身を気泡で包んでくれて、浴槽の底面からなんと8~15ヶ所で噴出するようになっています。お掃除スイッチが付いており、配管内の残水を簡単に処理してくれるのでお手入れもカンタンです。運転は強・中・弱の3段階調整出来て、揺らぎウエーブモード搭載で強弱をゆっくりと繰り返してくれます。

 

ヤマハのトクラスでは、ビュートプレミオやビュートリベロ等でオプションとして選択できます。ビート・ウエーブ・ノーマルの3つのモードと、5段階から選べる強弱でお好みのマッサージが可能です。穴が4つあり、気泡浴の効果がある背中側のスクリューノズルからは実際に手でもみほぐしたような効果が、そして足側のパルス噴流からの断続的なマッサージで脚の疲れがすっきりと取れます。もう一種類のフレッシュジェットでは、2つの穴からソフトタッチのパルス噴流が出るので、優しいもみごこちを得られます。こちらも気泡浴の効果はもちろんのこと、モードも連続とビートの2つから選択可能です。

 

リクシルのアクアフィールは、スパージュでオプションの選択が出来ます。
ジェット噴流が心地よいので、ゆっくりとくつろいで入浴が楽しめます。アクアジェットは、スパージュ・リモア・アライズなどオプションが様々あります。背中と腰に負担が、かかりにくいのが特徴です。

 

タカラスタンダードのヘルジェットは、噴流タイプは標準でゆらぎモードで自然界のリズムを取り入れてあり癒されます。
間欠ジェットは、4ヶ所から噴き出す泡により楽しめます。

 

さらに、ノーリツのビルトイン2穴ジェットは、クレッセシリーズとユパティオリズのオプションでお勧めです。
ジェットノズルは強弱の切り替えが出来て、腰の周りが気持ち良いです。ココロほぐし浴ゆるるは、人の手の動きを再現しているためマイルドな泡で、肌に優しいです。ユパティオAプランの、標準オプションに向いているが他のプランでも設置が出来るようになっています。

 

各メーカーそれぞれにこだわりを持ったジャグジーバスを備えています。冷えすぎて辛い時や、気持ちよく眠りたい時に入浴すると心地よくなれますよ。

 

お風呂のリフォームはこちら