Handyman

東京・千葉・神奈川・埼玉でトップクラスの実績
住宅リフォームのスペシャリスト「ハンディマン」

受付時間:あさ9時~よる7時まで0120-00-3719

リフォームコラム

リフォームコラム

水回りリフォームは場所によって費用が変わる!?

リフォーム 場所 費用

 

長年住んでいると、どれだけ掃除をこまめにしても、きれいに維持しているつもりでも老朽化は進んでしまいます。特に水回りの劣化は他の場所よりも早く、水回りのリフォームを行う目安は、住み始めてからおおよそ15年から20年ほどだと言われています。

水回りと言われる場所は主に4ヶ所で、トイレ、お風呂、キッチン、洗面所のことを指します。これらは場所によっては長い期間使っていても老朽化が少ない場合もありますし、使い方によっては早期に劣化してしまう場合もあり、リフォームに踏み切るタイミングは大変難しいのですが、老朽化よりも使い勝手の悪さを感じたときにリフォームを決断される方も少なくないようです。

 

水回りリフォームの平均相場

水回りリフォームの費用は場所や広さによってまったく異なってきます。簡単なリフォームの場合の平均的な相場はトイレであれば10万円から20万円です。トイレのリフォーム場所は便器取り替えや、床板の張り替えなどがあり、壁紙を変える場合や便器や床材の種類にこだわりを持って行う場合には50万円程予算は必要となります。また、お風呂のリフォームは平均的な広さで簡単なリフォームであれば50万円程で済ませることも可能です。

 

お風呂場の基本的なリフォーム場所は壁や排水溝、バスタブ交換などです。お風呂場の壁はタイルが一般的となってきましたが、土壁からタイルに全て変更する場合などにおいても20万円から30万円程で済ませられます。しかし、バスタブをグレードアップしたものに変更したり、近年需要が高まっている脱衣室やお風呂場にエアコンを取り入れたりすると、費用は格段と上がります。平均的な広さよりも広いお風呂場であればタイルの枚数も増えますので、50万円から100万円程の予算が必要となります。また、お風呂場のリフォームと同時に行われることが多いのが洗面所です。洗面所においては水ハネにより床材なども痛みやすくなっているため、全体的にリフォームを行う場合は、他の場所よりも比較的低価格で10万円から20万円だと言われています。

 

同じ水回りでもリフォーム費用にこれだけ差が出る!

水回りリフォームで最も需要が高いのはキッチンのリフォームです。キッチンは人目に付くことも多く、また、料理が好きな方なら長時間いることが多いため、リフォームをする際には使いやすい設備に変えたいと最も思われるのがキッチンなのです。基本的なリフォームでしたら50万円程が相場となりますが、壁つけタイプのキッチンを人気の対面式などに変える場合は200万円程から500万円ほどと最も予算が必要となる場所でもあります。更にはキッチンの広さは家によってまったく異なるため費用もピンきりであると言っても過言ではありません。リフォームをする際にキッチンを広くしたい場合はリビングまで広げる工事を依頼される方も多く、その場合は更に高くなることがあります。

 

リフォームはお金がかかるため、少しずつ行うと言った方も少なくないのですが、実はまとめて行った方がお得になるのです。リフォームを依頼する業者によってはまとめて依頼をすることでまとめ割りが期待できます。また、まとめて行うことで全体的なバランスを視野に入れて工事を進めることができ、工期も短く済みます。リフォームは一度行うと何年間も同じ設備を使わなければならないため妥協ないことが大切です。生活環境に合わせて、最も使うものは耐久性の高い素材を利用するなど、設備にも優先順位をつけることが必要です。

 

あなた自身がどのような家にしたいか、長期に渡って使いたい設備かどうかを考えることがポイントとなります。さらに、大切な家を長もちさせるためには定期的なお手入れが必要となります。このお手入れの簡単さも需要なポイントになってきます。

 

リフォームすると決めたら、細かいところまできちんと業者さんへ相談することをおすすめします。

 

キッチンリフォーム⇒https://handyman.jp/reform/kitchen

浴室リフォーム⇒https://handyman.jp/reform/bathroom

洗面所リフォーム⇒https://handyman.jp/reform/washroom

トイレリフォーム⇒https://handyman.jp/reform/toilet