Handyman

東京・千葉・神奈川・埼玉でトップクラスの実績
住宅リフォームのスペシャリスト「ハンディマン」

受付時間:あさ9時~よる7時まで0120-00-3719

リフォームコラム

リフォームコラム

IHとガスコンロのどちらが光熱費や交換費がお得か考える

IHとガスコンロのどちらが光熱費や交換費がお得か考える

 

ガスコンロとIHクッキングヒーターはどちらの方が便利で、
光熱費と交換工事費がお得になるのはどちらなのでしょうか。


ガスコンロのメリットは、高火力バーナーを利用する事で中華料理など火力が必要な料理の時にあおりながらの調理が可能な点です。2口でも3口でも同時に強い火力で調理が出来ること、鍋をコンロから離した状態でも調理が可能で、さらに調理器具の材質を選ばないという利点が挙げられます。また、ガスの料金は時間帯に関係なく一定で、調理にかかるコスト計算がしやすくなります。

デメリットとしては安全性の問題で、直接火を使うので取り扱いに危険を伴いうことです。小さなお子様や高齢者がいるご家庭では、火事や火傷の原因にもなり注意をしなければなりません。また、夏場は調理する時に室内が高温になりやすく猛暑日の調理は不快に感じることもあるでしょう。最近は凸凹の少ないコンロも登場してきましたが、型の古いものはトップ面の凹凸が多くお掃除やお手入れに時間がかかることがあります。

 

IHクッキングヒーターのメリットは、電気の力で熱を起こし火を使わないため安全性に優れています。さらに、トッププレートから鍋をはずすと加熱がストップする仕組みになっていますので過熱事故の防止に役立ちます。また、ガスコンロに比べてプレートに凸凹が少なく、お手入れが簡単で汚れもさっと拭く事が出来ます。熱の立ち上がりも早いのですぐに強火にでき、温めをしたい時などに活躍してくれます。フライパンの裏面が焦げるなんてこともありません。

IHクッキングヒーターのデメリットは、最大出力(ワット数)が決められているため、3口同時に強火にすることができず、火力の必要な調理の同時進行が困難なところです。出力を上げすぎてしまいますとご家庭によってはブレーカーが落ちてしまう事もあります。さらに、プレートに触れていないとONにならないので、鍋振りをするような調理には向いていません。オールメタル対応の鍋のみが使用可能になっているため通常のフライパンに比べて初期費用がかかってしまいます。通常は金属製で鍋底が平らな鍋しか使用する事ができず、土鍋やガラス鍋もオールメタルの物にしないと使う事が出来ない可能性があります。電気を使用しているので停電の時は使用ができず、災害などで停電になった時は復旧にも時間がかかってしまうことがあります。

 

これはオール電化住宅のデメリットとしても挙げられるところですね。また電気料金はプランが分かれており、プランによっては昼間に使用する回数が多いと電気料金が高くなってしまい結果的に光熱費が上がることもでてきます。電気代は朝から夕方は1時間あたり約38円で、早朝と夜は約25円で深夜は約12円です。ガスは都市ガスだと約12円で、LPガスは約21円になります。使用する時間帯によって値段が異なるため、生活スタイルに合わせて決めるとよりお得に利用できます。

 

最後に交換費用についてですが、
ガス→ガスへの交換工事は20, 000円前後が相場で、ガスコンロ本体は15, 000円から高いものだと150, 000円程度までが一般的です。

IH→IHへの交換工事費用は15, 000円前後で、IHクッキングヒーター本体が50, 000円から200, 000円までが一般的となっています。

また、ガス→IHへの交換工事費は60, 000円前後で配線やブレーカーの調整などで初期費用はややかかります。

 

トータル的なコストでみると、IHは初期の導入コストが高く、ランニングコストが安くなり、ガスは初期の導入コストが安く、ランニングコストが高くなることが分かり、どちらを重視するかによってお得感は変わってきます。その他、安全面や調理のしやすさ、お手入れのしやすさなども含めてご自身にあったものを選んでいただきたいと思います。

 

キッチンのリフォームはこちら