Handyman

東京・千葉・神奈川・埼玉でトップクラスの実績
住宅リフォームのスペシャリスト「ハンディマン」

受付時間:あさ9時~よる7時まで0120-00-3719

リフォームコラム

リフォームコラム

掃除の方法を工夫すれば使いやすくて美しいキッチンを実現できる

掃除の方法を工夫すれば使いやすくて美しいキッチンを実現できる

 

キッチンが汚れていると料理をする気分が失われてしまうことはありませんか?

忙しい日々が続くと掃除をすることが億劫に感じられてしまいますね。

そのような時は、掃除の方法を工夫しましょう。

使いやすくて美しいキッチンになれば毎日の料理が楽しくなります。

まずは、場所ごとに汚れの特徴をつかむことがポイントです。

 

コンロの周辺

最も汚れやすいのはコンロの周辺です。

炒め物や揚げ物の料理をする時は、湿らせた布を手元に用意しておきましょう。油がはねたら、こまめにサッと拭き取ることが秘訣です。長く放置していると固まって落ちにくくなってしまうからです。

さらに、流し台は水垢がつきやすいので注意が必要です。黒カビなどが発生しやすいことでも知られていますね。タワシや硬いスポンジでこすったり、漂白剤や重曹を使ったりして落とす方法が効果的です。

 

床の上

床の上に食べ物の欠片が落ちたら、ただちに拾って処分しましょう。カビが生えたり、ホコリが絡まったりして、不衛生な状態になります。軽くて使いやすいホウキを用意しておけば、手軽に処理することができますからおすすめです。ウェットシートがついている用具も販売されていますので、吟味して活用しましょう。

 

電化製品

次に、電化製品の汚れも目立ちやすいので要チェックです。冷蔵庫や電子レンジは、表面だけではなく内部の汚れにも気を配りましょう。食品を入れる場所ですから、衛生状態には配慮すべきです。汚れが付着していたら、アルコールを浸した布で拭き取る方法が有効です。塩素を使用している漂白剤は、残留する恐れがありますので避けるべきです。

 

換気扇

汚れが落ちにくいために、悩みの種となりやすいのは換気扇です。油とホコリが凝り固まってしまいますし、換気扇は高いところに設置されていますので、手が届きにくいという特徴があります。

換気扇の部品を取り外した後に、洗剤を溶かしたボウルなどに入れて、浸け置きして落とす方法が適しています。しばらく時間が経ったら、換気扇の部品を傷つけないように、柔らかいスポンジで汚れを落としましょう。十分に洗い流した後に、乾いた布で拭き取り、部品を元の位置に取り付ければ完了です。

 

専門の業者に掃除を依頼する

しかし、体調不良などの理由から不可能と判断した場合には、専門の業者に掃除を依頼する方法も検討しましょう。
ただし、数多くの業者が見受けられますので、あらかじめ見積もりを申し込むことが大事です。見積もりは無料ですから、費用に関する心配はありません。

住まいの便利屋 Handyman Comrade
https://handyman-com.jp/

 

掃除しやすいキッチンにリフォームする

尚、あらかじめ掃除がしやすいキッチンにリフォームしてしまう方法も考えられます。床だけではなく、壁や天井にも汚れますから、素材を十分に吟味して取り入れましょう。あらかじめ素材のサンプルを比較すれば安心ですね。

汚れが付着しにくいコンロならば、料理をするたびの手入れが簡単です。グリルの部分が取り外しやすいものに変えると掃除の負担を大幅に削減することができます。流し台の素材にこだわれば、最近は特殊加工で汚れがつきにくいシンクもたくさん登場しています。タワシやスポンジで強くこする必要がありませんので、ストレスを減らせますね。

冷蔵庫の中には、抗菌や脱臭の機能がついている製品も販売されています。冷蔵庫内の衛生状態をキープすることができますから、新製品を購入する場合にはチェックしましょう。電子レンジは、ターンテーブルを取り外して汚れを落とすことがコツです。なぜなら、ターンテーブルには食べ物が付着しやすいからです。そのような時に、汚れを落としやすい素材を取り入れているターンテーブルならば、簡単にきれいになりますね。

さらに、換気扇にはさまざまな種類がありますので、リフォームする場合には、汚れを落としやすい材質であるかどうかを確かめてから導入しましょう。部品の取り扱いにも細心の注意を払うべきですから、できるだけパーツの数が少なくシンプルな設計を心がけている製品を選びましょう。

 

日々のお掃除を工夫する方法も、お掃除しやすいキッチンにリフォームするのもどちらがメリットが多いか検討しながら決めてください。

キッチンリフォームはコチラ⇒https://handyman.jp/reform/kitchen