Handyman

東京・千葉・神奈川・埼玉でトップクラスの実績
住宅リフォームのスペシャリスト「ハンディマン」

受付時間:あさ9時~よる7時まで0120-00-3719

リフォームコラム

リフォームコラム

ユニットバスのメーカーのランキングと特徴を知る

ユニットバス ランキング

 

ユニットバスの市場

国内のユニットバスの市場は、シェアに関わらず各メーカー独自の特徴を生かしながらファンを獲得している会社が増えています。

市場シェアで目立つのが、1位のLIXIL・2位のTOTO・3位のPanasonicです。多くのシェアを占めているこれら3つのメーカーの特長とはどんなものなのでしょうか。1位から順に詳しくみていきましょう。

 

シェア率1位:LIXIL

LIXILユニットバス

総合的なコストパフォーマンスの高さとデザインに惹かれてLIXILを選んだ、という声をよく聞きます。壁面パネルのバリエーションが非常に豊富なので、自分好みの空間にしやすいことが魅力なのかもしれませんね。

基本的な性能としては、ドアやフロアといった汚れやすい表面部の段差や溝をなるべく排除し、キレイな状態が長持ちするような素材選びが特長です。
水が流れるときにできるうずの力でゴミをまとめ、そのままサッと捨てられる「くるりんポイ排水口」が人気ですね。

また、床はサーモフロアとなっており、遮断熱を持っているので足裏から熱が逃げにくいようになっています。

アクアフィール(肩湯)

ハイクラスモデルはスパージュで、注目すべきはなんといっても、浴槽と一体化しているアクアフィール(肩湯)でしょう。浴槽内のお湯を循環することで、ムダにすることなく心置きなく肩湯を楽しむように設計されています。

真上からお湯に包まれるかのようなシャワーを体感できるオーバーヘッドシャワーと、打たせ湯等のシャワー機能もオプションで追加すれば、自宅なのにスパのよう。
思わず自慢したくなるようなバスルームや、とことんリラックスしたい!と考えている人にはスパージュがぴったりです。

アライズ

戸建リフォームではアライズが人気です。サイズバリエーションが豊かなのがありがたいですね。
ベーシックなプランから、暖房付きのヒートショック対策もばっちりなプランまで揃えているので、1から選ぶのが面倒……となっている方でも選びやすいのもポイントです。

一方、マンションリフォームの定番はリノビオVシリーズです。ジェットバス浴槽や浴室テレビなどのオプションを選ぶことができるため、マンションでもワンランク上のバスルームを楽しむことができます。

 

LIXILユニットバス一覧
LIXILユニットバス一覧

 

シェア率2位:TOTO

TOTOユニットバス

日本でユニットバスを初めて開発した大手メーカーのTOTOは、近年になって合併し勢力を増したLIXILにシェアを押され気味となっています。それでもブランド力や長年の開発で培った技術力を評価する声は多く、根強いファンを獲得しています。

特徴はその技術力の高さ。トイレやユニットバスといった水まわりに長きに渡って情熱を注いできた独自のノウハウをふんだんに使用しています。シャワーひとつに対しても、浴び心地と節水の両立に成功。一度TOTOの商品にしてからは他メーカーの製品に戻れない!といった声もあるほど。

1歩目から足が冷たくなく、水はけが非常に良く乾きやすく、更にお掃除がカンタンな「お掃除ラクラクほっカラリ床」も非常に有名で、やわらかい踏み心地がとても好評です。小さい子どもを持つ主婦層、滑りやすさやヒートショックを懸念している高年齢層に特に重宝されています。

TOTOのハイクラスモデルは、戸建とマンションのどちらにも対応している「シンラ」です。
全体的に格調高い雰囲気でありながら、どこか肩の力を抜いてくつろげる空間となっています。間接照明のやわらかな光と、素材のすみずみにまでこだわった壁や床は、他のメーカーとは一線を画します。

戸建住宅用ではCMでも有名なサザナ、マンション用としてはリモデル・バスルームがあります。
どちらにも豊富なバリエーションとオプションがあるため、シンプルからゴージャスまでさまざまな浴室を作れる楽しみがあります。

 

TOTOユニットバス一覧

 

シェア率3位:Panasonic

住宅総合メーカーであるPanasonicは、家電メーカーならではの目線で家全体を俯瞰し、全体的に調和がとれるようなつくりとなっているのが特徴的です。

意匠性も非常に高く、いかにも水まわりといった雰囲気を払拭し、おしゃれなインテリアとしての面が強くでています。

昨年、ハイクラスモデルの「Lクラスバスルーム」が「Lクラスバスルーム マイホームリゾート」としてグレードアップ。自宅にいながら露天の体験ができるというコンセプトで、更にラグジュアリー感が増しました。

ゆらぎのあるライティングや天井から降り注ぐ音楽、自然に近いリズムでそよぐ風など、今までにない機能が満載のバスルームです。
また、キッチンの「いろりダイニング」、洗面化粧台の「サロン・ア・ラ・メゾン」とあわせることで、高級感あふれた統一感のある住空間ができあがるようになっています。

また、美容効果を期待できる機能が満載なのもPanasonicの大きなポイントです。

ミクロレベルの酸素の粒でしっとりとしたお肌の状態が長く保てる「酸素美泡湯」や、さらにオイルを含んでうるおいも長続きする「オイルヴェール酸素美泡湯」など、女性にとって魅力的なオプションが多くみられます。

戸建・マンションリフォーム用にはリフォムスが用意されています。標準装備に浴室暖房乾燥機や床暖房のスゴぽかフロアが付いているため、リフォームによって非常に快適なバスルームとなるでしょう。

戸建のみとなりますが、オフローラのラインナップには目を見張るものがあります。シンプルな機能に抑えているので、ここからあなた好みのバスルームを作ってみるのもオススメです。

 

Panasonicユニットバス一覧

 

その他の主なメーカー

シェア第3位までを詳しくご紹介してきましたが、シェア率に関わらず、素晴らしいユニットバスを出しているメーカーは他にも多く存在します。

YAMAHAが名称変更によりTOCLASとなって久しいですが、浴槽の高級感にこだわりたいならTOCLASのバスルームもおすすめです。
なによりも耐久性を重要視したい、世代を超えて長く使いたい!とお考えなのであれば、地震にも強いタカラスタンダードはいかがでしょうか。
毎日の浴槽掃除がおっくう、仕事が忙しくて浴槽掃除の時間さえ惜しい……という方でしたら、自動で浴槽掃除を行ってくれるNoritzで家事をラクにしましょう。

かつての人気ランキングではTOTOが目立っていました。しかし大手メーカーが合併したLIXILがシェアを占めて2014年には1位を獲得するようになっています。

トイレメーカーに比べ、ユニットバスメーカーのシェアは差が小さくなっており各社の激しい競争があるのがわかります。
メーカーを選ぶポイントは、各メーカーにより高級感やデザイン性、機能や強みが異なります。

デザイナーとコラボレーションしたパネルが選べたり、独自の商品も様々です。自分の好みに合ったものを見つけて素敵なバスタイムを送ってください。

お風呂のリフォームはこちら

 

 

 

商品一覧:LIXIL


商品一覧:TOTO


商品一覧:Panasonic