Handyman

東京・千葉・神奈川・埼玉でトップクラスの実績
住宅リフォームのスペシャリスト「ハンディマン」

受付時間:あさ9時~よる7時まで0120-00-3719

スタッフブログ

morita

passiv has(非公認)完成披露パーティin羽生

こんにちは、Handymanブランドマネージャーの森田です。

昨夜は関東でも雪が降るとの予報で、仕事の帰りもとても寒かったので、やっぱり降るのかな~と思っていましたが、朝起きてみると今朝は快晴でホッとしました。
1月ももう終盤ですが、寒さはこれからが本番ですので、風邪などひかない様に気をつけたいと思います。

さて、先日弊社のS店長宅にて、新築のpassiv has(非公認)完成披露パーティがありましたので、私も参加させてもらいました。

場所が羽生市という事もあり、とにかく敷地がすごく広くてびっくりしました。

とりあえず、記念撮影~♪(笑)

リビングと和室の客間には、大型の掃き出しサッシが設置されていますが、断熱性能の高いサッシを使用することで、passiv has基準の断熱性を保っています。


日当たりも良くて、部屋の中は無暖房なのですが、ポカポカして気持ちが良い暖かさでした。
 このサッシは、YKK-apのエピソードウッドと言う商品で、最近発売されたばかりの木製断熱サッシです。
http://www.ykkap.co.jp/products/window/apsword_wood/

ちなみに壁の中の断熱材は、セルロースファイバーを使用しています。
セルロースファイバーは、「断熱材の王様」と言うべきにふさわしく、その断熱性能はもちろんの事、遮音性や機密性に優れ、湿度調整機能も持ち合わせていますので、同じく湿度調整機能や脱臭機能を持ち合わせる内装材の珪藻土と相性もピッタリなんです。

弊社では、自社開発のEMセルロースファイバーやEM珪藻土を製造・販売・施工を行なっています。
EMセルロースファイバー http://em-cell.jp/
EM珪藻土 http://em-k.jp/

階段スペースの踊り場には、子供達の勉強などが出来るスペースを設けて、吹き抜けとしています。
吹き抜けは、passiv design(パッシブデザイン)では、家全体の温度を均一に保ち、光や風など自然のエネルギーを利用する為に、欠かせない仕様設計なのです。

そして、自然派パッシブデザインリフォームを得意とするのが、弊社の「LOHAS studio」です。
https://www.okuta.com/passiv/#top

その、LOHAS studioがプロデューする企画住宅「LOHASTA HOME」も、いよいよ発売を開始しました。
https://www.okuta.com/lohastahome/

弊社OKUTAでは、技術と性能を重視したデザインリフォームの「LOHAS studio」と、スピーディでお手軽なローコストリフォームの「Handyman」が2大ブランドと成っていますが、新たなブランド構築にも常に思考を巡らせて、新たな挑戦に取り組んでいます。

そんな未来の話に盛り上がりつつ、夜が更けるまでパーティは続きました。



あんまり居心地が良過ぎて、すっかり遅くまで、おじゃましてしまいました。(笑)
S店長、ありがとうございまいした。