スタッフブログ

谷澤 雄太

キッチンも素材が大事!

おはこんばんにちは!

Handyman赤羽店の谷澤でございます。

 

 

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、

谷澤、熊谷から赤羽へ異動となりました。
(発信遅くないですか?)

 

これからは東京人として、皆様へ情報を発信していきたいと思います。

 

(おや?地元、北本の発信ってそんなにしてましたっけ…?)

 

さて、今回のテーマはずばり……

キッチンの素材です!!

 

また素材かよ…とお思いのそこのあなた!

  

メーカー様のセールスポイントはズバリ素材であり、

 

お掃除をするうえで一番重要なポイントとなってくるのは

素材といっても過言ではありません!

(もうちょっと別の話題にしてみても良かったのでは…??)

 

 

以前、浴槽のお話では、
「人大」についてお話いたしました。

 

※忘れた!見てなかった!興味なかった!という方は、URL載せておきますねー
Handyman 谷澤

  

 

さて、今回着目するところは、キッチン天板の素材です。

 

 


キャビネットの素材についてはまた後ほどブログに書かせていただきますね…

 

ふっふっふ……。

 

 

さて、キッチン天板の素材は例えばこんなものがあります。

 

・ステンレス

・人工(人造)大理石

・天然石

・木製天板

・クォーツストーン(水晶)

・タイル

・セラミック


浴槽に続き、

こちらもこんなにたくさん種類があります。

 

ただ、この中でも多くの方が実際に採用されているのは、

 

①ステンレス
②人工(人造)大理石

 

この2種類が大多数を占めております。



特にキッチンにこだわりがある方は、

クォーツストーンという天板を採用されています。

(こちらもいずれブログに書かせていただきますね…ふっふっふ)

 


さて、今回もこの中からどれかを

ピックアップしていきたいのですが…



今回はステンレスに焦点を当てていきます!

 

昔から採用されているステンレス。

今でも根強い人気を誇っています。

 

 

キッチンといえばステンレス!

その理由は耐久面で優れているからです。



耐水性、耐熱性、耐久性に優れているため、

圧倒的にお掃除がしやすいのは
ステンレスです。

 

 

昔、ステンレス天板は鏡面加工がされており、

お手入れするととても美しく光る反面、

 

ひっかき傷などの細かい傷が目立ちやすく、

奥様の悩みの種でした。

 

 

しかし、現在のステンレスは一味違います。

 

 

エンボス加工(ドット柄のように小さくて丸いぽつぽつ)が付いていたり…

バイブレーション仕上げというパターンを採用することにより、

ほとんど細かい傷が目立たなくなるような進化を遂げています。

 

  

ステンレスだけでもここまで進化しているのです。

キッチン天板の素材にもっと注目していただけると、

毎日のお掃除の質が格段に変わることうけあいです!

 

 

 

折角リフォームをしていただくのです。

 

 

私たちはお任せいただく立場として、

リフォームにおける

最大限の魅力を、

最低限皆様へ伝えさせてください。

 

ゆるーくですが、

読んでくださっている皆様の

力となれるよう、

分かりやすく発信していけたらと
思います。

 

 

次回のテーマは…
未定ですが、リフォーム以外で面白いことを見つけたので、

そのことについてお話ししようと思います。

お楽しみに~♪

 

それでは、良いリフォームライフを。

素敵なキッチンで、お料理楽しんでいきましょー 

0気になる商品リスト
気になる商品リスト

気になる商品リストを作成すると、商品名の記入の手間なくお問い合わせができます。

No商品名
気になる商品リストは空です
この商品について問い合わせする