スタッフブログ

加藤 大祐

火災対策

こんにちは。近頃テレビのニュースを観ていると住宅、店舗で火災が起きるという悲しいニュースを目にします。

寒い時期は火災が起きやすいそうです。その原因は主に2つあります。1つは乾燥する気象条件。もう1つは寒くなるにつれストーブなど暖房器具を使う機会が増えますが、暖房器具の消し忘れや間違った使い方などから火災が発生するためです。

第一に火災が起こらないようにすることが前提ですが、災害は予測が難しいものです。備えに余分ということはありません。

そこで、弊社のオリジナル商品EM 珪藻土の火災に対する効力を紹介したいと思います。

建物火災における最も多い死因は一酸化炭素中毒もしくは窒息による煙死であるといわれています。では、なぜ建物火災の場合煙死が多いのか、、

それは戦後建てられた家屋は化学物質を含む建材が使われている場合が多く、これらの製品は元々石油からできている為燃えやすく、製品に含まれている化学物質が燃える事により有毒ガスを発生させ、そのガスにより命を落とす事になるケースが多いのです。

珪藻土は、耐熱性に優れた素材です。有害成分を含まない純粋な珪藻土は火も煙も出ず、バーナーで炙っても少し焦げた程度の匂いしかしません。

また、珪藻土はシリカという鉱物系の石や土等の元素と同じ物からできているので不燃で、空気を多く含むので、熱も反対側の壁に伝えにくいです。

ビニールクロスの家で火災が起きた場合、クロスが燃焼し、有毒ガスが発生し煙死してしまうケースが多くなっています。珪藻土が壁材として使われていたら、火事の燃焼も長く抑え、毒ガスが出る事もなく、多くの方が外部に逃げ出せたかもしれません。

EM 珪藻土は、自然素材100%にこだわり、有害化学物質は含まれていないため、有毒な煙等が発生しません

今後、内装建材をご選定の際は、安全で住みやすい家をつくるために珪藻土を検討してみてはいかがでしょうか。

0気になる商品リスト
気になる商品リスト

気になる商品リストを作成すると、商品名の記入の手間なくお問い合わせができます。

No商品名
気になる商品リストは空です
この商品について問い合わせする