Handyman

東京・千葉・神奈川・埼玉でトップクラスの実績
住宅リフォームのスペシャリスト「ハンディマン」

受付時間:あさ9時~よる7時まで0120-00-3719

スタッフブログ

嘉生 智昭

秋の味覚の大好物♪

私の中で、「秋の味覚」と言えば、断然「秋刀魚(サンマ)」です。

これほど毎年、楽しみにしている食べ物は他にないかと思います(笑)

 

今年は、不漁と言われていましたが、先日、漁獲量が上向きになってきたと報道があり、早速、近所の大型魚店に行ってみると・・・

居ました居ました!

丸々として、頭の上が盛り上がっていて、口先は黄色く、体はピカピカの銀色、背は濃青黒、目は黒々とした目黒のさんま!(笑)

これぞ、おいしい秋刀魚という特徴をすべて満たした、エリート秋刀魚です!

 

見てくださいこの芸術的な秋刀魚を!

下ごしらえしながら、ウットリしてしまいました(笑)

 

もちろん塩焼きにします。

私流のおいしい秋刀魚の焼き方レシピを。

 

残った鱗を取って、洗い、しっかり拭いて、粗塩を擦り込むようにまぶします。

塩は、ちょっと多いくらいかなっ、くらいが、焼いたときに皮がパリッとします。

そして、キッチンペーパーをかぶせて、20~30分程度寝かせます。

これが大事で、味が良くなるのもそうですが、臭みが無くなります。

 

そして、焼いていきます!

コンロのグリルで焼きますが、必ず2~5分庫内を温め、網にサラダ油を塗ります。

そして、しっぽを手前にして、火元の直下になるように並べ、中火でじっくり焼いていきます。

 

いろいろなレシピを見ると、切込みを入れて焼いた方が火が通る、などとありますが、新鮮な秋刀魚は切れ込みを入れなくても中まで焼けるのです!

むしろ、パサパサになってしまうこともありますので、そのまま切込みを入れずに焼きます。

 

片面グリルだと、中火で、表7分裏7分くらいが目安です。

 

表面が軽く焦げるくらいのタイミングを見て、

秋刀魚の塩焼き、完成です!!

大根おろしと、スダチは別添えにしていて、映えてないですが…

味はもちろん、絶品✨

 

火加減、塩加減、完璧でした!

 

今年は、あと何回、秋刀魚を食べられるだろうか・・・

エリート秋刀魚、また見つけないとな~