Handyman

東京・千葉・神奈川・埼玉でトップクラスの実績
住宅リフォームのスペシャリスト「ハンディマン」

受付時間:あさ9時~よる7時まで0120-00-3719

用語集

110件がヒット 1-12件を表示
  • 青森桧葉(あおもりひば)

    青森県北部に群生する、天然の桧葉(ヒバ)である。樹齢200年くらいの大木である。耐陰性に優れ、日陰地の栽培に耐える。ヒバは、ヒノキ科・ヒノキ亜科でアスナロ属アスナロという一属一種の日本特産樹種である。青森ヒバには、桧と同じ成分が含まれるため、似た芳香がする。樹質は軽軟で木理は通直で、肌目は緻密であるが、木目に沿って割れやすい。また曲が強く、反りやすい。湿気に強く腐りにくく、殺菌性のある精油を含み、...

  • アクソメ(図)(あくそめ:ず)

    Axonometric drawing のことで、アクソノメが正しい省略だが、アクソメと略されることが多い。平行投影図の一種。立体を斜めから投影的に見た姿を表示する方法のひとつで、簡単に立体的な表現ができるので、建物の説明に使われることが多い。三次元上のXYZ軸同士のどこか一箇所が、二次元表現の時に直角で描かれたもの。...

  • アース付きコンセント(あーすつきこんせんと)・E付きコンセント(いーつきこんせんと)

    過大電流を地面に流す回路端子のついたコンセントで、通常のコンセントの下にアース用の端子がついている。洗濯機などのアース線を、ここにつないで使用する。コンセントの記号に、Eが印されている。

  • 陽疾(反木)(あて)

    木材の繊維が他の部分とはちがって不均質で、不自然に曲がりくねった部分。建築用材に不向きであるが、その木目をうまく使うとおもしろいものが出来る。

  • 網戸(あみど)

    外部に面した開口部に建て込む建具で、サランネットを張った虫除けである。蚊帳を使わなくなった現在、ほぼすべての開口部に設置される。引き違い(戸)の開口部には、設置しやすいが、開き戸用の網戸は壊れやすい場合が多い。...

  • R階(あーるかい)

    屋上にのる階のことで、階の床面を1階の床は1階床と表すと、屋上の床は屋上床と表すことになる。構造上は屋上も階として数えないと設計できない。構造設計では屋上の床にも梁などが必要になるため、屋上を階として表すために生まれた構造設計上の言葉である。屋根のRoof からとってR階とよぶ。陸(屋根)の場合には、屋上の床となる。エレベーターを屋上の塔屋まで停止させると、Rと表示することになる。...

  • 安定角(あんていかく)

    土を放置した場合に、自然に崩れださない角度。おおよそ30°とされており、法(面)にこの角度が確保されているかぎり、擁壁などは設けなくてもすむ。しかしこの角度を超えたものは、すべて崖扱いとなり、何らかの対策が必要になる。...

  • 煽り止め(あおりどめ)

    垂木と桁といった直行する部材の倒れを止めるために使われる金物。窓が風などでバタつかないように固定する金物。

  • アーク溶接(あーくようせつ)・電気溶接(でんきようせつ)

    アーク溶接とは電気の放電現象(アーク放電)を利用し、同じ金属同士をつなぎ合わせる溶接法。母材と電極(溶接棒、溶接ワイヤ、TIGトーチなど)の間に発生させたアークによってもたらされる高熱で、母材および溶加材(溶接ワイヤ、溶接棒)を溶融させて分子原子レベルで融合一体化する接合法であり接着とはまったく違う。電気溶接とも言われることもあるが、これには抵抗溶接も含まれる。溶接への信頼を確保するために、有資格...

  • アスファルト(あすふぁると)

    原油に含まれる炭化水素類の中で最も重質のものである。減圧蒸留装置で作られた減圧残油はそのまま製品アスファルトとなり、ストレート・アスファルトと呼ばれる。ストレート・アスファルトの性状を改善するため、溶剤抽出(溶剤脱瀝)や空気酸化(ブローン・アスファルト製造)などの処理を行うこともある。粘度の高い液体であり、常温ではほとんど流動しないものが多い。道路の舗装やアスファルト防水などに使われる。...

  • 後打ちアンカー(あとうちあんかー)

    土台などの部材を基礎のコンクリートに固定する金物を、アンカーボルトという。何らかの事情でコンクリートを打ってしまった後にアンカー金物が必要になったときには、後打ちアンカーをつかう。しかし、後打ちアンカーは信頼度が低いので、やむを得ないときの緊急避難である。後打ちアンカーには、ホール イン アンカーとケミカル アンカーがある。...

  • 雨仕舞い(あまじまい)

    屋根にかぎらず壁や庇から、雨が建物の内部に浸透しないようにする工事の方法をいう。